週刊あはきワールド 2021年7月28日号 No.723

治療家のための薬の基礎知識 第55回

外用薬(1)

~注射~

千葉大学医学院和漢診療学非常勤講師 和光治療院・漢方薬局 平地治美 


◎第54回 ワクチンの歴史
◎第52回 消毒薬について
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 このところよく目にする新型コロナワクチン接種のシーン。ブスリと深く針を刺入するやり方は、これまでのなじみのある注射とは打ち方が違いますね。

 患者さんからも

「すごく痛そう、何でインフルエンザとは打ち方が違うのですか?」

と聞かれることがあります。

皮下注射と筋肉注射の違い

 これまでの日本では、インフルエンザワクチンをはじめとする多くの注射は皮下注射です。皮下注射は皮膚を少しつまんで注射針を斜めに浅く刺します。一方、新型コロナワクチンは筋肉注射といって筋肉に対して直角に注射針を深く刺して打っています。皮下注射と筋肉注射には吸収の速さや効き方に違いがあります。

皮下注射……ゆっくり吸収 全ては血中に吸収されない
筋肉注射…….早く吸収 効率よく血中に吸収

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる