週刊あはきワールド 2021年8月4日号 No.724

Dr.シノハラの鍼灸徒然草 第52話

新型コロナワクチン接種の症例

~肩が痛むんです~

九州看護福祉大学鍼灸スポーツ学科 篠原昭二 


◎過去記事≫≫  もっと見る

左の肩が痛むんです!

 65歳、男性。主訴:左肩関節痛。身長165cm、体重85kg。

新型コロナワクチン接種後の肩関節痛の症例
 2日前に市役所で新型コロナワクチンの接種を受けたのだが、その日はなんともなかったのに、夜中に寝返りを打つと左肩に軽い痛みを自覚するようになり、朝目が覚めてからは左肩を90度持ち上げるだけでかなり痛みを自覚するようになった。痛みの部位は肩峰部(三角筋中部線維:手少陽経筋病)および三角筋後部線維の部位で外転90度からさらに上げると痛みは増悪する。また、90度外転位から後方に外分廻し運動(水平伸展)を強いると三角筋後部線維の強い痛み(手太陽経筋病)を自覚する。

 三角筋部を触診すると中央部(中部線維)から後方(後部線維)にかけて、他の部位より硬く、膨隆、緊張、圧痛が見られ、炎症反応が生じていることがわかる。新型コロナワクチン接種後の副反応として、注射部位の疼痛はよく知られており、このまま放置しても時間経過とともに改善すると説明するも、肩の痛みがとても不快なので、少しでも楽にしてほしいとの強い希望から、鍼治療を追加することとなった。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる