週刊あはきワールド 2021年8月11日号 No.725

緊急アピール35

デルタ株がヤバい! ワクチン有効だが供給追いつかず

~これまで以上に手洗い、マスク、三密回避を~

 (1)石川家明(2)木村朗子(3)平岡遼 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
(1)石川家明:TOMOTOMO(友と共に学ぶ東西両医学研修の会)代表
(2)木村朗子:ともともクリニック院長
(3)平岡遼:ともともクリニックレジデント

 デルタ株がハンパないっす。7月後半から新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増えてヤバい状況っす。オリンピックで話題となったスケートボードの実況風にお伝えしております。冗談はさておき、オリンピックでは困難の中でもベストを尽くすアスリート達の姿に多くの感動と元気をもらいましたが、感染者数が日増しに増える中で応援に専念できなかった人もいらしたと思います。色々な思いはありますが、医療者の使命はこの歴史に残るパンデミックを客観的に現状把握して、まず自分が理解して後、患者さんに正しいデータを伝えることです。今回は、デルタ株とは何なのか、現状がどうなっているのかという疑問についてデータを元にお伝えしていきます。

■「デルタ株ってなんなの?」


●インドから広がった変異株のこと
●第4波以降、アルファ株が感染の主流になっていたが、デルタ株に置き
 換わってきている
  ・東京都では7月中頃の感染者の46.3%がデルタ株による感染
  ・アメリカでは83%イギリスでは99%がすでにデルタ株による
   感染。
●再生産数(一人からうつる数)は、初期の従来型が1.4~3.5人に対し、
 デルタ株では5~9人
●従来型と比べ入院リスクは2倍以上
●従来型と比べ死亡リスクは2.37倍(カナダの報告)や
 4.9倍(シンガポールの報告)
 

 去年の1月から世界的に感染が広がっている新型コロナウイルスですが、今年に入り変異株の感染拡大が問題になっています。変異株については緊急アピール33回でも書いているので参照ください。今回問題になっているデルタ株はインドで発生して広がっており、世界各国の報告から感染力や重症化リスクが2倍以上になっていることがわかってきています。米国CDCからも「デルタ株の感染力は水痘と同等」と報告されました2)。今までの新型コロナウイルスでは「感染はしやすいけどなんとかマスクと手洗いで防げていたしワクチン接種も増えてきたし…」と出口が見えてきた状況が一変してきています。まずはこのヤバさを認識しなければなりません。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる