週刊あはきワールド 2021年9月1日号 No.728

【あはきニュース】

“未病”の段階での“養生”の大切さを見つめなおす

「未病と養生」シンポジウムが開催される


 
 北里大学東洋医学総合研究所主催「未病と養生」シンポジウムが8月22日、オンライン開催された。このシンポジウムは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大状況の影響が懸念される今だからこそ、“未病”(病気になる前の状態)の段階での“養生”の大切さを見つめなおす機会を設けたいと考えで企画された。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる