週刊あはきワールド 2021年9月22・27日合併号 No.731

治療家のための薬の基礎知識 第57回

ステロイド外用薬について

千葉大学医学院和漢診療学非常勤講師 和光治療院・漢方薬局 平地治美 


◎第54回 ワクチンの歴史
◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 皮膚炎に用いられる外用薬には、ステロイド・抗菌薬・抗真菌薬などをはじめとして様々な種類があります。

 前回解説させていただきましたが、外用薬は消化管を通過する内服薬と違い、患部にダイレクトに薬を届かせることができます。また、病変部以外の正常な皮膚に影響を及ぼすこともありません。外用薬は内用薬と比較して全身的な副作用や内臓にも負担が少ない、比較的安全な治療方法であるため、通常の湿疹などであれば、一般的に外用薬を用いることが多いといえます。

 最近、スイッチOTCでリンデロンVS軟膏が発売されました。あはき師の元へやってくる患者さんにはステロイド剤について偏った知識を持った方が多いと感じますので、取り上げさせていただきたいと思います。

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる