週刊あはきワールド 2021年10月20日号 No.734

『霊枢』 を読もう! 第50回

禁服(針灸治療の原則)第48

欅鍼灸院 名越礼子 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
雷公が黄帝に問う私は、教えを受ける機会を得て、九針についての六十篇の文書によって、朝に夕に懸命に研鑽しました。これらの文章は、比較的年代が近いものでも、竹簡の綴じ目が切れてなくなっていたり、古いものなら竹簡が汚れていたり破損していたりしていましたが、あきらめずに読みました。しかし全てを理解することはできません。外揣(がいすい)篇にいわれている「渾束(こんそく)為一(複雑な問題を1つの綱領にまとめる)」の意味が分かりません。九針の道理の博大さは大きくて限りがなく、その精密な細やかさは小さくて限りがなく、大にしても小にしても限りがなく、高さも深さも限りがありません。このような広大深奥なものを1つにまとめて綱領にするにはどうしたらいいのか? 学習する者の能力は、人それぞれ差があり、思慮が浅い者もおり、また私などは努力して学習しても、広大な深奥を理解することができません。私はこの深奥な道理が後世には散逸してしまい、子孫に継承できなくなることを危惧しています。そこでこれを簡約にするにはどうすればよいか伺いたいのです。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる