週刊あはきワールド 2021年11月24日号 No.739

治療家のための薬の基礎知識 第59回

糖尿病について(1)

~糖尿病の歴史とインスリンの発見~

千葉大学医学院和漢診療学非常勤講師 和光治療院・漢方薬局 平地治美 


◎過去記事≫≫  もっと見る
 
 日本では、戦後から糖尿病患者は実に30倍に増加し、現在40歳以上では3~4人に1人が糖尿病または糖尿病予備軍とされています。

 失明や透析導入の原因の第1位が糖尿病であり、それらを含めた糖尿病関連疾患にかかる医療費は今や2兆円とも言われている〝国民病〟と言えます。

糖尿病の歴史

 糖尿病についての最古の記述は紀元前15 世紀のエジプトのパピルスに記録があります。

 また、2世紀頃のトルコの記録には「ディアベテス(糖尿病)は不思議な病気で、肉や手足が尿の中に溶け出してしまう。患者は絶えず水を作り水道の口から流れでるようであり、病状がそろうと死も早い」と糖尿病が重症になったときの症状をかなり正確に把握した記録があります。

藤原道長も糖尿病!

 日本の文献上の糖尿病患者の第1号は、平安時代の貴族で藤原道長と言われています。光源氏のモデルともされるプレイボーイも糖尿病だったとは驚きです。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる