週刊あはきワールド 2022年1月5日号 No.744

Dr.シノハラの鍼灸徒然草 第57話

めまいを訴えた学生の症例

~鍼ってこんなに効くんですか?!~

九州看護福祉大学鍼灸スポーツ学科 篠原昭二 


◎過去記事≫≫  もっと見る

体調が悪いんですが…

 19歳、男子学生(2年生)。主訴:めまい、肩こり。

経過
 ○月△日、男子学生が友達に付き添われて研究室にやってきた。「先生、体調が悪くてしんどいのですが、何とかならないでしょうか?」とのこと。「昨日から、違和感を自覚するとともに、今朝から目眩が起こり、今(17時)はしんどく(焦点が合いにくく)てケイタイの画面も見ることができないんです。あと、肩が凝って苦しいです」と、非常に深刻そうな状況を説明する。

 立っていることも苦痛そうなことから、とりあえず椅子に座らせて様子を見るも、顔色は青ざめ、憔悴した感じを受ける。体調が悪くなると時々こういった症状になることがあるとのことで、いつもは、下宿で治るまで寝ているが、今回はどうしても大学に来る必要があったことから無理を押して来学し、なんとか講義が終わるまで我慢しているつもりが、じっと座っていることにも耐えられなくなって訪室したとのこと。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる