週刊あはきワールド 2016年8月10日号 No.485

◎◎はこう治す! 私の鍼灸治療法とその症例 File.28-2

鍼灸・漢方・養生の視点から皮膚病を治す!(2)

~皮膚病の症例~

千葉大学医学院和漢診療学非常勤講師 和光治療院・漢方薬局 平地治美 


◎本シリーズの過去File≫≫  見る
 
 先週号では、「皮膚病の病態とその治し方」について解説した。今号では「症例」を通して皮膚病治療の実際を紹介する。

症例…50代女性 会社員 体格やや痩せ型

 数年前から皮膚炎が出始め、皮膚科を受診するもどんどん悪化する一方である。自分でもいろいろ試してみたけれど効果がなく、特にここ数カ月は悪化し仕事に差し障るようになってきたので、漢方を試してみたいと思い来院された。

【東洋医学的診断】
 やや痩せ型で全体的に浅黒い肌の色。患部からは体液が流れ、足がむくんでいる(図1)。


図1
















腹診…瘀血圧痛点に顕著な圧痛。腹壁全体が硬く突っ張っている。
舌診…舌体紅、舌苔黄白樲苔、舌下静脈の怒張が目立つ。
脈診…弦数。
 

(続きはログイン・ご購読後にお読みいただけます)

この記事の続きをお読みいただくためには、週刊『あはきワールド』(有料コンテンツ)のご購読手続きが必要です。

ご購読の申し込み ログイン(ご購読済みの方はこちら)




トップページにもどる